バレーボールというスポーツで身長が低い人では、セッターをやることによって活躍する事が出来ます。

スポーツの奥深さについて
スポーツの奥深さについて

スポーツは身長などを考慮した位置があります

バレーボールやバスケットボールのようなスポーツでは、身長が高い方が有利に働きます。特に背が小さい人では、役割が決まってくることもあり、自分の特性を活かしたプレーを心掛けないといけません。バレーボールでは身長の低い人が活かされるようなポジションとしては、セッターがあります。セッターは拾ったボールをアタッカーに打ちやすいように、トスを上げることが仕事になり、誰にトスを上げるかを決めることもできるのがセッターになります。チームのアタッカーというのは相手チームからも警戒をされてしまうので、上手くフェイントを入れたり時間差攻撃をしかけることによって、相手の守備を翻弄することです。

そしてトスを上げると同時に、次の動きをしていくことも大切なので、相手からブロックされた時にも上手くボールを拾うことをやっていくことも必要になります。動きを読まれないようにしていくには、攻撃陣の司令塔の役割を果たしますので、セッターというのはチームにとって頭脳といってもいいポジションになります。このように身長が低い人でも、活躍のできるポジションはありますのでバレーボールでも、自分の特性を活かしてプレーする事によって楽しむことができます。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017スポーツの奥深さについて.All rights reserved.