効果の低いトレーニングをするのはスポーツ選手にとって無駄な時間と言えますので、科学トレーニングを取り入れたい。

スポーツの奥深さについて
スポーツの奥深さについて

根性トレーニングから科学トレーニングへ変わったスポーツ界

スポーツはこの数年で意識改革が激変したと言え、大きく様変わりをしてきました。以前であれば肉体を酷使しさえすれば強くなるという考え方から、オーバーワークの練習がどの競技においても繰り返されてきました。この練習法と酷似しているのが軍隊教育で、こちらは今でもそれをしているのです。なぜスポーツの世界で軍隊教育が取り入れられたかというと、戦争時にそのスポーツは遊びではなく軍隊教育の一環だという言い訳ができるために作られた、言わば免罪符だったのです。髪を短く借り上げる事を矯正するのはその名残と言えるでしょう。

しかし、この平和な時代でそのようなシゴキ練習の意味があるのでしょうか?実際には怪我を誘発するだけの無駄で、非科学的な練習と言わざるを得ません。現在のスポーツ指導者は科学的トレーニングを取り入れている人が多く、その練習方法はとても効率のよいものとなっています。根性論を振りかざす指導者は淘汰されていったと考えて良いと思います。中には科学トレーニングは精神面が弱くなると考える人もいるのですが、何も科学トレーニングは楽な練習方法ではなく、短い時間で集中的に鍛えるものですから肉体への辛さはそれほど変わらないのです。

Copyright (C)2017スポーツの奥深さについて.All rights reserved.